過払い請求をしたいときには弁護士の法律事務所に相談できます

先頭に固定表示

近年では法律事務所のテレビCMなどでお馴染みのものとしては、過払い請求のことがあると思います。

お金に困った状況になったときには、消費者金融や信販会社が行っているキャッシングを利用する人も多く、担保がなくても借り入れの申込みをして、審査に通過すれば融資を受けることが可能です。

2010年に貸金業法が改正される前までは、消費者金融や信販会社が行っていた融資サービスでは、利息制限法とは別の出資法に規定されている利率で融資を行っていた実態がありました。

利息制限法では最大で金利が20%までしか設定できないことに対して、出資法では29.2%までの利率の設定が可能であったために、多くの貸金業者は出資法の利率のほうを採用して融資をしていたことになります。

この金利のことをグレーゾーン金利という言い方もしますが、正確には利息制限法で定められている15~20%の範囲までしか金利の設定は認められませんので、それ以上の金利で融資を受けていたときには、過払い請求をすることで取り戻すことが可能です。

過払い請求は貸金業者と交渉をしなければなりませんので、個人で行うことは難しいために、プロである弁護士などの法律家に依頼して行うことが一般的です。

債務整理について取り扱っている法律事務所であれば、過払い請求についての相談を受け付けていますので、貸金業者に対して返済してきた履歴があって、金利を払い過ぎていると感じるときには早めに法律家に相談することがおすすめです。

過払い請求を行える権利については、10年を過ぎてしまうと消滅時効が成立してしまうために早めに行動することが大切です。

近年では初回の相談を無料で受け付けている法律事務所や、借金相談について相談料を取っていないところも増えていますので、過払い金について悩んでいる人にとっては相談しやすい環境となっています。

弁護士などに依頼したときには費用を支払う必要がありますが、過払い請求の場合には取り戻した金額のうちから支払いができる法律事務所もあるために、どの程度の金額が戻ってくるのかシミュレーションをしてから依頼をすると良いと言えます。

参考HP:過払い金返還請求 費用 川崎

弁護士になるための試験は?

標準

皆さんは弁護士になる為のルートはどのようなものがあるかご存知ですか?

司法試験というキーワードは知っているかもしれませんが、なかなか具体的にどのような方法で弁護士資格を得て仕事をしているのか知らない人は結構いるのではないでしょうか。

ここでは弁護士をはじめとした法曹資格が現在の日本でどのような制度に基づいて付与されるのか説明していきたいと思います。

これから法律関係の職業に進みたい、法律を勉強したいと思っている人には必見の情報となるでしょう。

弁護士になる基本的なルートは上記の通り司法試験を受けることが必要になります。

しかし、この司法試験を受けるためには条件があり、その条件の満たし方の違いで大まかに分けて二種類あります。

一つは法科大学院を修了するルートと、もう一つは予備試験を受けるルートです。

前者の法科大学院は通称ロースクールとも呼ばれ、法律関係の知識を、学部をさらに超えて学習する機関です。

この法科大学院を卒業することによって司法試験の受験資格を得ることができます。

後者の予備試験は、このロースクールに通うことなく司法試験の受験資格を手に入れることのできる方法です。

これは予備試験という司法試験にも匹敵するといわれる難しい試験に合格することによって、法科大学院を修了したのと同等以上の法律知識がすでに備わっているということが証明されるのです。

この予備試験を受けて司法試験を受けた人は法律の知識が豊富なことが多いので、実際に採用段階でも有利に働くようです。

そして司法試験を合格すると、司法修習を受けることになります。

司法修習は最高裁判所の施設によって行われ、将来裁判官、検察官、弁護士それぞれになりたい人が一緒に勉強することになります。

最後に行われる試験によって、最終的に自分がどんな職業に就くのかが決定されるのです。

なお、一番成績のいい人が裁判官になり、そのあとが検察官、そして成績にそんなに関係なく合格さえすれば資格が与えられるのが弁護士だとも言われています。

しかし、司法試験に合格しているわけですから、たとえ合格者の中で最下位であったとしても非常に優秀な人であることには間違いないでしょう。

このようにして法曹資格を得た弁護士は、それぞれの法律事務所に就職活動を行い採用されることによって実際に仕事を始めます。

本当に優秀な合格者は、司法修習前にもう大手法律事務所から内定をもらうこともあるようです。

⇒交通事故直後から解決までのフルサポート内容

債務整理も種類次第では絶対にできるかわからない?

標準

借金問題で悩んでいる方は多いと言われています。

多くの方が少なからず借金を抱えており、中には数百万〜数千万もの金額まで膨れ上がっている方もいます。

もし借金などで生活が困難になったら、債務整理を考えてみることをおすすめします。

しかし、誰でも債務整理をできるのでしょうか?

実はできる場合もあれば、債務整理ができない方もいるのです。

ただ自分の現在の借金や状況次第ですので、弁護士や司法書士に相談してみると良いでしょう。

ギャンブルによる借金、浪費が原因の借金などは自己破産ができ無いこともあるでしょう。

借金の額が数百万円に上ると、多くの方が自己破産を選択しますが、浪費によるものは任意整理をすることになるケースもあるでしょう

また、現在の資産状況によっては債務整理ができないケースもあります。

例えばマイホームや投資商品などの資産を持っていると、消費者金融が債務整理に応じてくれない可能性も考えられます。

最初にこれらの処分を求められますので、仮に債務整理できても、借金の減額がわずかに留まる場合もあります。

ただし、債務整理の種類によっては資産を手放さずに済みます。

現在の借金の残りをチェックしておきましょう。

任意整理では、借金を減額する交渉から始めることもあります。

しかし、様々な状況次第では借金が減らず、断られてしまうケースがあります。

現在の借金から、どれくらいの減るかは収入や様々な状況次第です。

任意整理によって、植菌の額が0円になることは無いので注意しておきましょう。

債務整理は、借金を抱えた原因、いまの資産状況、収入によって判断が分かれます。

例えばギャンブルが原因だとすると、自己破産はできないこともあります。

債務整理可能かどうかは自分で判断が難しいところです。

そのため、弁護士や司法書士に相談し、債務整理が必要か、どうすべきかアドバイスをもらうと良いでしょう。

判断に迷った場合、どの選択肢がベストか考えることが重要です。

引用:千代田区で債務整理に強い弁護士

キャッシングのお得な使い方

標準

キャッシングは怖い、お金が勿体ない、というのは、もちろん全てが間違いというわけではありません。

けれど、きちんと仕組みを理解して無駄のないような使い方さえできれば、却ってお得に使うこともできる便利なサービスなんですよ。

例えば、銀行のATMでは、規定の時間外の引き出しは100円もしくは200円+税金程度の手数料がかかるのが普通です。

しかし、キャッシングであれば、ATMからの引き出しが無料というサービスをしているところもたくさんあるんです。

キャッシング会社の中には、最初の〇日間は利息無料、または、初回は〇日間利息無料などのサービスを行っているところもあります。

こういうところで、時間外手数料無料でお金を借りて、利息がかからない期間中に銀行から引き出して返済すれば、銀行に時間外手数料を支払うよりもお得に必要なお金を使うことができるんです。

また、キャッシングカードや、キャッシング機能付きのクレジットカードは、非常に高額な入会特典を用意してくれているところもあります。

ポイントキャッシュバックサイトなどを経由したり、キャンペーン期間中に申し込みをしたりすることで、数千円〜一万円程度分のポイントや商品などをもらえることだってあるんです。

キャッシングはしていないけれど、クレジットカードのリボ払いなどを利用しているという人は、利子がかなり高めである可能性もあります。

場合によっては、キャッシングの利息の方が安い、ということだってあり得ますから、一度見直してみてはいかがでしょうか。

きちんとした使い方をするのであれば、キャッシングは決して月々の支払を圧迫させたり、多重債務者になってしまったりする恐れもなく、安心で安全に日々の生活の役に立ってくれるのです。

使い方を間違ってしまえば、どんなに有効な薬であっても毒になることだってありますよね。

キャッシングもそれと同じなんです。

きちんと自分で管理と計算をした上で、納得のいく使い方をするのであれば、キャッシングは決して怖いものではないということです。

審査と金利について

標準

キャッシングやローンといったように、お金を借りるサービスを利用するためには審査があります。

審査に通過すればお金を借りる事が出来るようになるのですが、審査に通過するためには金融機関の設定している基準を満たしているのかどうかが大切になってきます。

ではどのような基準となっているのかと言えば、これはかなり異なります。

ですが、審査が厳しい所なのかそうではない所なのかを見抜く方法もあります。

それは金利です。一般的に、低金利であればあるほど審査が厳しくなります。

これには理由があります。

審査が厳しいという事は、その審査に通過する事が出来る人というのは基本的に経済力に優れている人という事になります。

つまり、延滞や遅滞・滞納といった、金融機関側にとってのリスクの可能性がとても低いのです。

ですので確実に返済してくれるのであれば多少利益が少なくとも安心してサービスを提供する事が出来るのですが、金利が高い所は審査がそこまで厳しいものではありませんので、経済力もそこまでのものを求めていません。

ですがそれは、言い方が悪いと先に出た延滞等のリスクも幾分高まってしまう事になりますので、サービス側のリスクヘッジの一環として金利を高めに設定していると言われています。

金利は利息計算の際の数字になりますので、利息額が如実に変わってきます。

数%はおろか、0.数%違うだけで長期的な支払ですと大きな差となって表れてしまう部分になりますから、無駄な利息は出来る限り支払いたくないと考えているのであれば低金利の所でお金を借りるべきです。

また、複数の所で借りるよりも一つにまとめてしまった方が利息もある程度安くなることも。

いわゆる「おまとめローン」が人気を集めている理由の一つもそのためかもしれませんし、いろいろと工夫する事で支払う利息を抑える事が出来るようになります。

今の時代はいろいろなサービスがありますので、自分に合っていてそして納得できるものを利用したいですね。

便利だからこそご利用は計画的に

標準

1枚持っているとイザというときに便利なカードローンのカードではありますが、やはり借金であるために利用には計画性としっかりした管理が必要になります。

無金利期間などを利用すれば返済の出費を抑えられるのがカードローンのメリットではありますが、こうした特典は期限があるためにいつまでも利用できるわけではありません。

気軽にどこでも利用できるのがカードローンの長所ではありますが、気軽に使えすぎる分使いすぎを起こしてしまう可能性もあります。

金利は各社まちまちではありますが少額であるほどに高めの金利が設定されている傾向が多く、こうした借入をしていると金利分で損をすることになってしまいます。

消費者金融の金利は各社の競争もあり安く設定されているところも多くなってきてはおりますが、金利の安いところであっても遅延金に関しては厳しく取られるために、返済能力を超えた借入をしてしまった場合には大きなペナルティを負うことになるでしょう。

公共料金や携帯電話などの遅延金というのはせいぜい数百円程度の微々たるものではあり、利用が止まらないのであればチョットぐらい遅れてもいいやといった感覚についなってしまいますが、カードローンの返済に関してはこうした感覚は非常にマズいものになります。

なんせ消費者金融の金利は最近安くはなっているものの、遅延金に関しては20%は確実に取られることとなるために、ちょっとした油断が後の大きな負担となり得る可能性があります。

「ご利用は計画的に」とはよく耳にするフレーズではありますが、こうしたペナルティの大きさがある故の警告でもあるのです。

イザというときの支出に対応できるだけではなく、普段のお買いものなどにも利用できるために、1枚持っていれば非常に便利なのがカードローン。

しかしあくまでも「借金」であり「うちでの小槌」と勘違いして使ってしまっては、後で大変なことにもなりかねませんからしっかりと「お金を借りている」という実感を持ってカードローンを利用しましょう。